トリマー歴2Oウン年 かわゆいワンちゃんやニャンちゃんに囲まれた毎日 奮闘な日もあれば..マッタリの日もあるトリマーの日常を 書こうかなって
2016年03月14日 (月) | 編集 |
3月11日宮城沖地震は衝撃で忘れる事は出来ない。
起きてから動画を観て今も辛いだろうな苦しいなって。
大阪に住んでいた時に阪神大震災でうちのマンションもかなり揺れた。
地震が起こった時点.数分だと思うが頭は真っ白で動けず.ベットで
天井しか見ていなかった事を今も思い出す。
学生時代は静岡に住んでいたので.地震対策は学校の時から訓練はしていたので.食器棚の上には物は置かず.背の高い棚には全て一応L字フック.
食器棚の扉は開かないようにフックはしてある。
日本は地震国だとあらためて考え直すと今の今も地震が起きても不思議ではないと..常に思っている。
現在は奈良市内に住んでいるが.数年前に一階でお客様のワンちゃんのトリミングをしている最中に携帯に地震速報の警告音が鳴り..慌てて
犬舎に入っている子達にリードを付けて外に出ようと準備した。
結果誤報だったのでホッとしたが..2階3階に居る我が家の猫達7頭の
事は何も考える余裕が無かったのだ。
そのくらい慌ててた。お客様の犬がぁぁと考えていたから。
それぞれの部屋には逃げる時に物が倒れてドアが開かないとかならない様になどの対策等はしてあるし.夜地震が起きたら猫を2頭は入れるチャックの
付いている袋やゲージは傍には置いてあるが.果たして猫達は私の傍に居てるとも限らない。7頭居て全員が連れて逃げられるとは考えられない。
なので..部屋には常に一週間以上は持つようにフードが置いてある。
いつもダンボールの封も開けて置いている。
もしも..もしも地震が起こったらって想像をして.家が半壊しても
私が助けに行くまで隙間の中で生き残れる為にキャットフードはここにあるから破いてでも食べると
思ってるし.猫もそこにあることを皆知っている。
皆さんはもし地震が起こったらワンちゃんやネコちゃんをどう連れ出すかと
か考えていますか?

DSC_0705.png
DSC_0706.png
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック