トリマー歴2Oウン年 かわゆいワンちゃんやニャンちゃんに囲まれた毎日 奮闘な日もあれば..マッタリの日もあるトリマーの日常を 書こうかなって
2015年06月06日 (土) | 編集 |
18年奈良市ではやってきて..オープン時から来て下さっている
お客様のワンちゃんは立てなくなってもさせていただきたいです。
あるお店では12才以上はお断りという張り紙も見ました。
何かあれば問題になる=店が悪評になるからでしょうね。
今まで来て下さり..ワンちゃんもお店もトリマーにも慣れてくれているのに..介護になったらお断りするのでしょうか?
確かに心臓の悪い子は.シャンプー時はとても危険です。
いつ心臓が停止するか分りません。
心臓が停止しても.すぐに措置が取れる機械がある獣医さんの美容のあるところでしたら安心かもしれませんが..
はたして..獣医さんに存在するトリマーさんの腕が確かだとも言い切れない所もあるのが事実です。
抱いた時の手の感触や台に置かれた時の感じ方.保定をする時の
手や腕の持ち方.動かされ方を犬は自分自身が大事にしてくれているかはすぐ感じ取ります。
どんなにうわべで「できたね~」と微笑んでもそれが本心どうかは犬は把握していますから愛情をもってですね。
なににしてもお家で快適に過ごせるように..お家に戻ってからしんどくならないように...
お家で手入れがしやすい様に..
それだけを考えて手早く老犬はトリミングしてます。
コーギーの寝たきりの子がきてくれました。
食欲もあり元気だそうで..とにかく短く丸刈りにしてほしいと。
寝てるところが床ずれになるといけないので..肘などは少し残して
急ピッチでしました。刈り残りはこの後もう一度刈りました。
DSC_0358.png
お風呂が耳の中にお湯が入らない様に...

DSC_0355.png
関連記事


コメント
この記事へのコメント
そうなんですよね、高齢犬はお断りってよく日本でのお店のサイトで見かけます。高齢犬だからグルーミングが必要な事もあるし、、、、
人間もワンコも高齢化社会になっているんですから、そのあたりは考えなければですね。ちなみに、私の職場では受け入れています。
2015/06/06(Sat) 23:17 | URL  | bichon #-[ 編集]
私だったら、高齢で動けないワンコであれば
なおさら、体を洗ってあげたいと思います。

最初から、お断りはツライです。

そうじゃなくて
飼い主に事情を説明して、それでやる、やらないの選択させるとか・・・ね。 

とは言えども
勇気と技術的にムリがあってのお断りなんでしょうか。


私たちは、信頼のある お店を選びます。
さすが、かこねーさんだ。

時間の問題ですが
大型犬のすずが、寝たきりになったらの事を考えると悩みます。

コーギーちゃん、気持ちよかったんでしょうね。
イイお顔してます。


2015/06/10(Wed) 11:03 | URL  | 和 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック