トリマー歴2Oウン年 かわゆいワンちゃんやニャンちゃんに囲まれた毎日 奮闘な日もあれば..マッタリの日もあるトリマーの日常を 書こうかなって
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年07月04日 (水) | 編集 |
今日はカテゴリの編集をしています。同じ内容があると思いますが
ごめんなさい。

動物管理講習会でも話していましたが.早いと麻酔の危険性も.尿道の発達が悪くなるとか色々言われていましたが.根拠がなく結果..雌なら初潮が来る前に.雄なら発情前にすることで後の乳腺腫瘍や前立腺腫瘍になる率がドンと減る事を言われました。初潮後にまた発情期後に手術をした場合の腫瘍の確率はそれまでにするより30パーも上がるということです。早めに不妊手術をすることは獣医師団体も支持していると報告
プチッとお願いしま~~す

にほんブログ村 犬ブログ 犬 トリマーへ
にほんブログ村


コメント
この記事へのコメント
何も知らなかったとき(今も知識が少ないけれど、、)、犬や猫の去勢避妊は生後5か月くらいってお医者に聞いていたんですが、シェルターから子猫を譲っていただいたときに”即”避妊。そして譲渡だったんです。たぶん生後2、3か月だったかと。
早すぎるだろぉーと思ってましたが、どうだったんでしょうね。
その猫も今年虹の向こうへ行きました。ちょっと短命だったように思う。12歳。
2012/07/05(Thu) 00:18 | URL  | bichon #-[ 編集]
こんばんわ~
2.3ヵ月は体が未発達なので早いかなと..
だいたい6ヵ月くらいと言われていますけど未熟児で生まれたりとなれば.初潮も遅いでしょうね。けれど猫は犬と違って
女の子の生理がないんです。なので分かりにくいところもあり
「さかり」が始まる前に避妊してしまうとなると..5ヵ月くらいでもいいと思いますね。
むしろ2.3ヵ月で手術をする先生って自信があるのでしょう。
小さければ血管や部分も小さいですからやりにくいでしょうし
。ガス麻酔の量もかなり慎重にしなければ危険ですから。
うちの雌猫は一頭過去に想像妊娠をしていて.乳腺が張ったまま避妊してしまったので..乳腺の跡がしばらく.しこりみたいに残ってしまいする時期を失敗したことがありました。
12歳の年齢と早期の避妊とは関係はないと思いますよ。



2012/07/05(Thu) 00:58 | URL  | かこねー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。