トリマー歴2Oウン年 かわゆいワンちゃんやニャンちゃんに囲まれた毎日 奮闘な日もあれば..マッタリの日もあるトリマーの日常を 書こうかなって
2014年11月26日 (水) | 編集 |
ラブちゃんは17歳になりました。
今年の春から膀胱炎で診てもらってkdフードとkdパウチを混ぜて
ふやかして与えていましたが
ここ一ヶ月アンチローブ(口内炎に効果のある抗生物質)も効かなくなり歯軋りの様な音を出して食べにくくて食餌も嫌がる様になって一日少量なので5回与えていましたがかなり痩せてきました。
なんか美味しくないようですね。半分も食べなくなって..少し舐めて終わることも多く。

血液検査は10日前に行った時もどこも悪くなく.内臓はパーフェクトということで先生も年齢が年齢なので驚いていました。
歯や歯茎が具合悪いから食べたくても食べられないのだ。
もう少し体重を戻したいし脱水も恐い。

そして一か八か鶏肉のから揚げの身の部分をあげてみたら
歯軋りもせずペロッと食べてビックリ。
次の日に心配していた嘔吐や下痢もないので..
ただいまは..kdのドライフードをふやかしたものと..
様々な高齢用のパウチのものを少し入れて与えてます。
体重が戻りつつあり.食欲旺盛になり残すこともなく.
そんなに口を擦らなくなっているのが不思議です。
DSC_0179.png


体重が安定したらまたkdシリーズに戻そうと思ってますが
17歳..猫用であれば夢中になって食べている幸せな顔を
見てると臓器が正常値ならいいかなって思いました。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
ラブちゃんも大変ですね。
とにかく、食べてくれないといけない!!っつーのはよーくわかります。
療養食だけだと本当に食べてくれなかったので、お刺身などあれやこれやと試してみました。
液状の薬を飲ませるときに使った注射器で、ドロドロにした食べ物を食べさせたこともありました。

ラブちゃん、かこねーさん、がんばれ。
2014/11/27(Thu) 00:09 | URL  | bichon #-[ 編集]
健康な時にはそれが当たり前だと思っていましたが
闘病中だと療養食を「手を変え品変えトッピング変え」しながら
水分が多く摂れる食事をと、毎日奮闘しています。
ラブちゃん、貫禄充分あります!
ニャンコ先生の分まで長生きしてほしいですね。
モコは「チャオちゅーる」のささみ味が大好きです。
液状なのでお薬の時も役に立ちますよ。
2014/11/27(Thu) 09:14 | URL  | モコリーナ* #o/PXu/q6[ 編集]
うんうん。
ラブちゃんが 食べたいものを 美味しく食べてくれるのが一番ですよね♪
療養食じゃないけど どうしても食べない時は 水分補給に 食べやすそうな↓も いいかもです。
・CIAO ボーノスープ チーズと丸鶏だしのクリームスープ
・AIXIA MiawMiawクリーミー
・AIXIA 11歳からの健康缶 しっとりムース
・AIXIA 老齢期(15歳頃から) 腸内環境に配慮
かこねーさんも 体調崩さないように気をつけてね♪
2014/11/27(Thu) 10:06 | URL  | nekobell #-[ 編集]
bichonさん
こんばんわ~
だいぶ昔ににゃんこ先生の鼻気管炎が移って
ラブちゃん高熱を出したことがあった時は
スポイトでお薬とad缶をお湯で溶いたものを一日5回ほど
与えたことがありましたね~。

歯と歯茎がボロボロでも内臓がしっかりしているので
多少欲しいものをあげても..もういいかなって。
仕事も頑張りますよ---。
お互いに頑張りましょうね!
2014/11/28(Fri) 19:52 | URL  | かこねー #-[ 編集]
モコリーナさん
こんばんわ~

メーカーも何も分らない状態で.高齢用の
食べやすそうな物..スープタイプや.鴨肉や鶏肉.牛肉
けっこう買って与えてますが
何でも美味しいですって感じで食べてくれてますわ。
チャオチュールのササミ今度しっかり見て買ってきますね
ありがとう--
2014/11/28(Fri) 19:56 | URL  | かこねー #-[ 編集]
ちゃっぷママさん
こんばんわ~
AIXIAの腸内環境の配慮っていいですね
アイシアは黒缶のメーカーでしたね。
ちょっと見て買ってみます。

ほんまはうちは原価で買えるんですが..
ケース買いになるので
飽きてしまうと困るなということで
買いに行ってるんです(笑)
ちゃっぷママさんも明日から天気が悪くなるらしいので
風邪に気をつけてくださいね
2014/11/28(Fri) 20:01 | URL  | かこねー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック