トリマー歴2Oウン年 かわゆいワンちゃんやニャンちゃんに囲まれた毎日 奮闘な日もあれば..マッタリの日もあるトリマーの日常を 書こうかなって
2013年03月05日 (火) | 編集 |
こんばんわ~。少しずつ暖かくなってきて.ニャンコ先生も.サザエさんもお店に出たがるようになってきました。
そもそも勉強会をはじめたきっかけは.バイトで来てくれていた様々な女の子達が.その時代の学校の教え方や他のお店での信じられないズサンさの噂を耳にしました。
私が犬の学校に入学した時代は.最先端の珍しい感覚で.
基本的な事はビッシリと教え厳しかったです。
聞くところ..学校も営利目的が優先で曖昧なところが多いと。
なので..学校を卒業してうちに来ても「え?学校では教わらなかったです」「そうなんですか?」と出来なさ過ぎるんです。
100万からする入学金と毎月掛る授業料が無駄。
それで教えようと考えたのがきっかけです。
岡山.広島.金沢.東京.富士市.大阪.京都府.奈良県五條市などから.こちらに安いアパートを借りて半年や一年勉強会をした方々や通われた方々。
後に5名はお店を持たれていますよ
また挫折してしまう女の子もいたり.遠くからこちらに住んでやっていましたが.いい人と出会い主婦業に憧れ結婚した女性もいますよ。
いろんな人生がありますが..どんな状況におかされても...
この仕事で食べていける..というところまで頑張ってほしいですね。
他のお仕事をしていて子供が生まれて退職したら戻れないし
高齢になればなるほど職場に居づらくなる上に定年もありますが..この仕事は体さえ丈夫であればいつでも出来ますから。
このお仕事は私の生甲斐です。
さて..今日の勉強会です。
病気で入院をしていたシーズーのゆうちゃん。先生の許可をもらい.本来は全身をハサミ仕上げなのですが.後から不調になると困るのでシャンプーとラインを揃えました。span>
お写真はプードルのクロちゃんです。彼女はブーツカットはほとんどしたことがないので勉強中です。
130305_152916.png
130305_154945.png
「難しい~~」って悲鳴をあげていましたぁ


コメント
この記事へのコメント
こんばんは、久々訪問です。
やっと落ち着いたもので~
勉強会にたくさんのワンちゃんで大忙しですね。
かこねーさんの言葉で、自分もガンバロウという気持ちになりました。
まだまだ先ですが、お店をやるからには食べていけるまでに
なれるよう、努力しようと思います。
まずは勉強×2、経験重ねて・・・
家が落ち着いたら、どこかで修行したいと思ってマス!

クロちゃんのブーツカット、きれいですねー。
プードルのブーツカット、好きです~☆

2013/03/06(Wed) 00:01 | URL  | momo #-[ 編集]
人生色々ぉーって歌ってしまうくらい、お隣の芝のように青くはないかも、、、、
って、皆さん、すごく頑張り屋さんが多いのですね。
かこねーさんも、たくさんのグルーマーの卵さん達を指導し、お話をし、そういった経験も豊富。
技術以外にも、グルーマーさん対象のカウンセリングもできたりして。
私はこの仕事にたどり着いたのが遅すぎた、おばちゃんです。毎日もがいてます、できなくて。
それでも、かこねーさんのブログに行きつけたことは、良かったと思っています。
2013/03/06(Wed) 00:01 | URL  | bichon #-[ 編集]
bichonさん、初めまして。まゆりんと申します。

上記のコメント、私も100%同意します。
まるで私自身のようで、思わずこの場を借りてご挨拶したくなりました♪(かこねーさん、ごめんなさい)

私も、やるからには一流を目指したいと思いましたが、頭が固くなって、物覚えも悪くなっていて、思うように進んでいかないでいます(ついでに体も硬くなってきてます苦笑)。

でも頑張ります。大好きな仕事ですから、頑張れます。

大変なお仕事ですが、bichonさんもどうぞお体をお大切になさって下さいね♪



2013/03/06(Wed) 04:07 | URL  | まゆりん #-[ 編集]
かこねーさん、こんにちは♪

今日のポストに何故だか泣けてしまいました。
どうしてだろう。。。

でも、頑張ろう、そういう気持ちに改めてなれました。

何年経ってもこの仕事に変わらぬ情熱と使命感を持って走り続けていらっしゃるかこねーさんの存在は、今の私にとって大きな励みとなっています。あ、また涙が・・・><

もうどうかしちゃってるみたいなので、今日はこれで退散します。^^;

2013/03/06(Wed) 04:17 | URL  | まゆりん #-[ 編集]
自分の為に自立できる何かを身に付けておくといいですよね。この年になって実感しています。
私は今、とっても不安の中で生活をしているよ。

でも、かこねーさんのように成功するには大変ですから、途中で折れてしまいますね。
女の子の気持ちも分からんでもないです。難しい~~~~
2013/03/06(Wed) 10:38 | URL  | suzuandkazu #-[ 編集]
最近の学校は 資格取りを優先させて 実践的な技術や思考については弱かったりしますよね。
大切なのは 気づき 現実に通用する技術を身に着けようと 行動することですよね。
そんな人たちの 背中を押し 勉強できる場を提供してくれるかこねーさんは すっごくエライと思います。
そして 本当にトリマーの仕事が好きで誇りに思ってるんだな~と 素敵な女性だな~と思っています。
あっ! ほめ過ぎ?(笑)
どんな人生を歩くことになっても かこねーさんの所で学べたものは トリマーの技術だけでないはず!
精神論でも きっと何か力になってるはず!
2013/03/06(Wed) 11:11 | URL  | nekobell #-[ 編集]
momoさん
お家のことでバタバタでしょうね~
けど素晴らしいお家で羨ましいですよ~
ぼちぼちマイペースで頑張ってくださいね
応援しています
2013/03/06(Wed) 20:53 | URL  | かこねー #-[ 編集]
bichon さん
写真の女性は車で高速を使い一時間掛けて毎週来ています。
最後まで残って一緒に勉強しています。
今..彼女のプライベートがご主人様のご家族3人病院で
介護をされていて..彼女はかなり苦しいと思うのに
頑張って来られているんですわ。
bichon さん..私もおばちゃんですよ~
でも今だから思う..この仕事は深いと。
年齢は関係ないです。
bichon さんも私も職人ですからね
年齢を超すごとに艶が出るってものです
2013/03/06(Wed) 20:59 | URL  | かこねー #-[ 編集]
スクール卒業は初めの1っ歩。。。
毎日毎日、上手な方のカットを見たり
シャンプーの仕上がり研究したり(^^ゞ
悩んだり調べたりしてたどり着いたかこねーさんのブログ

とても感謝しています!
今来ている子達のこと、ずっと見てあげられるように
頑張らなくちゃー!!!
2013/03/06(Wed) 21:01 | URL  | Peace☆エミ #-[ 編集]
まゆりんさん
人生だからいろんな事態が起きますよ~
辛いことがあっても..溜めないで吐き出してくださいね。
思いっ切り犬の様に吠えるんですよ~
スッキリします
仕事上の事やしんどいことがありましたら
メール下さればいいですよ~
人生は長いので自分の悩みを雪ダルマ式に大きくしてしまわない事は大事です
どうにでもなるんですよ~
なんくるないさ~ですわ
2013/03/06(Wed) 21:05 | URL  | かこねー #-[ 編集]
和さん
不安を生み出していませんか?
私は不安を考えると長い間自営など出来ないです。
どうにでもなる..
最初からこんな性格ではなく..
神経過敏症で.不安症で.自信がなくいつもオロオロしていて
人の顔色ばかり気にしている弱過ぎる性格でした。
けど物事考え方で変わるんだなってつくづく思います。
私も仕事は現在でも難しいですわ。
2013/03/06(Wed) 21:15 | URL  | かこねー #-[ 編集]
ちゃっぷママさん
褒め過ぎや~~気持ちいい(笑)
学校は昔からですが..40名生徒が居たら.先生は2人くらいです。なのでガンガンいく目立つ生徒は先生も目を掛けるけど
大人しく控えめな生徒さんはそのまま流れてしまう。
卒業するまでにカットのテストがあるのですが..
この生徒はもうここまでと思ったらそのまま良しとしてしまうんですよね。
ひどい所は..チケットを買い.そのチケットを使って行きたい日に来たらいいという所も...。
何度も壁にぶつかるけど乗り越えてほしいですね
2013/03/06(Wed) 21:24 | URL  | かこねー #-[ 編集]
momoさん
こんばんわ~
お家の方はまだ落ち着かないしバタバタでしょうね
お仕事を開始したらマイペースで頑張ってくださいね
2013/03/06(Wed) 21:27 | URL  | かこねー #-[ 編集]
テスト
2013/03/06(Wed) 21:38 | URL  | かこねー #-[ 編集]
エミさん
そうなんですよ~
ほんまに..いろんな人のを見て目を養っていくって
必要ですよね。
一体..誰が最初にテディベアーカットをして広めたのだろう..
って思いません?

2013/03/06(Wed) 23:49 | URL  | かこねー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック