トリマー歴2Oウン年 かわゆいワンちゃんやニャンちゃんに囲まれた毎日 奮闘な日もあれば..マッタリの日もあるトリマーの日常を 書こうかなって
2012年11月13日 (火) | 編集 |
何度も書いてますがプロのトリマーさんが来て..自分の技術面で自信の無いと思うところを勉強しに来る勉強会なので.一から教えてほしいとなればハサミはしばらくは持てません。テレスちゃんという黒のプードルを私が2時間で仕上げて..リーナちゃんを女の子がやっているのを一緒にやっていく。毛玉は2頭ともけっこうありましたね。服を着ているからですが..毛玉の取れやすい子と取れにくい子がいたとしても..ベイシックの時間は同じでしたが..シャンプーからドライングで差が出ました。。毛玉は本来は完全に取り除いてからシャンプーに入るのが理想ですが..かなりの時間が掛ります。また犬には皮膚を引っ張られるし痛くて苦痛です。なので..毛玉をほつれくらいにしてから..シャンプーに入るんですね。またラファンシーズはトリートメント効果があるので..ほつれくらいでしたらシャンプー後のドライングの時に汚れも無く..毛も柔らかく滑る感じなので犬には苦痛なくほつれを取り除くことが出来ます。また毛が抜けるのも防げます。このほつれくらいならドライングで取れるかという見極めが出来れば..一緒くらいの時間でドライングを終わらせることが出来ると思いますよ。カットの話しばかりでそれを言うのを忘れましたぁ。ここでお伝えしますね。
後は..コマコマと言いましたから.またダメだ~と落ち込んでいるかもしれませんが..ベイシック.顔カット..手の動きなど..今行かれているお店で.素晴らしく早いです。私とほぼ同じスピードで出来ている事...。これは考えただけで出来たのではなく.習慣で身についたもの。皆に付いて行こうとリズムで身についた事なのですから..やっているうちに絶対に出来ます!いつの間にか出来てる~となりますから..出来ないという無駄な悩みは捨てましょう。
シャンプーのみのシーズーまめちゃん

121113_111358.png
121113_164111.png

関連記事


コメント
この記事へのコメント
シャンプー前の毛玉取り、これ悩むところです。毛を長く残す子以外は、完璧に毛玉は取らないでシャンプーしちゃいます。毛玉の子が続くと、私泣きます。
それに、アンダーコートがワッサワッサと抜ける子も、シャンプー前にある程度取らないと、、、大型犬に多いので、これも私泣きます。

私が勉強会に参加したら、、、あなたはそこで立って見てなさい!!犬に触ってはダメって言われそうなくらい出来てないと思います。
2012/11/14(Wed) 00:20 | URL  | bichon #-[ 編集]
bichonさん
海外では大型犬の様々な犬種が多いので..本当に重労働だと思いますのに..そこに毛玉があれば,,私も号泣きして焦ると思いますよ~。
やはり同じですね。バリカンだと5㎜でもマットでも刈れますが
ハサミ仕上げでしたら大変です。
まあ..毛玉を完全に取る.取らないは汚れの度合いにもよるけど..ね。
学校の時に..毛玉の子がすごく多かったのが結果良かったのかもしれないです。学校ではどんなマットでもほどけと言われてほどきましたから。お店ではマットでしたらワンちゃんの皮膚にも良くないし..痛いし精神的にも良くないので..全身バリカンになりますが..背中が過去にバリカンを掛けてあり..
足全体が毛玉やマットとなると..ほどくか..バリカンかと頭の中が迷いますが..結果ほどいている事がほとんどですね。

ほどき方や技術的なコツが分らない時は..見ていてと言ってますよ~。見てもらってから「なるほど」と分かってから続いて
やってますよ~。普段先輩のしているのを見て参考にするという余裕がないほど忙しかったりするでしょうから。
2012/11/14(Wed) 00:43 | URL  | かこねー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック