トリマー歴2Oウン年 かわゆいワンちゃんやニャンちゃんに囲まれた毎日 奮闘な日もあれば..マッタリの日もあるトリマーの日常を 書こうかなって
2012年09月02日 (日) | 編集 |
今日はぐりちゃんが帰りました。今..シーズーのまめちゃんが
私の後ろでウロウロとしたりベットで寝てたり...。
先ほどちょっと遅い時間に食事に息子君と出て戻ったら..
どこからかお預かりした太郎君がお母さんと走って来てくれましたぁ。見えない角の奥の所から走ってきてくれたのですが..お預かりしていた時に..2階から車のエンジンの音を覚えていたようです感動しました。
お母さんは「こんなに嬉しそうに..」とキュンキュン言いながら
飛び込んで来て抱きしめて..もうメチャ可愛かったですが..
お母さん大丈夫かな??困ってないかな~(笑)


ちょっと前にテレビで特集でやっていたのですが.
幹細胞を活かして再生治療するという獣医さんをやっていました。二歩先を行く獣医さん
人もそうですね。事故などで顔を損傷した場合..今や幹細胞の培養で戻すことをしていますね。
こちらも犬自身の幹細胞を培養して戻すという生体の持つ自己治癒能力を妨害しない.生体に優しい侵襲の少ない手術法と治療法をしていて.ヘルニアのダックスを完治させたという事をやっていました。
こちらでは細胞培養装置があり.この装置で患者さん自身の骨髄から 採取した幹細胞.約5万倍に増殖することができます。それをまた患者さんの患部に 戻すことによって.組織を再建し病気を治すことができます。 当院が世界をリードする「再生医療」を支える機器です。
大阪阿倍野区丸山通1-6-1
岸上獣医科病院 06-6661-5407
http://www.k.zaq.jp/kis/index.html
整形外科にかなり実力のある獣医さんだと思います
高速を使えば行けない距離ではないのでちょっと頭の中に入れておこう。
ホームページの設備のところを見たら凄いです。オペするところが二つ並んであり..8人でオペしてるらしい写真が。

ホームページの↓↓↓↓プチッと押していただいてありがとございます!


にほんブログ村 犬ブログ 犬 トリマーへ
にほんブログ村




関連記事


コメント
この記事へのコメント
慕ってくれる太郎ちゃんかわいいねぇ。

動物の医療でも凄い進歩なんですね。
ウチ、猫の保険に入ってます。ちょっと高額な医療費がかかった場合、とても助かってますが、何事もないと、、、無駄かな???
2012/09/02(Sun) 23:10 | URL  | bichon #-[ 編集]
bichonさん
これからの獣医さんも.検査機器など当然あって
優れているところはますます人伝で増えていき..優れていないと廃れていくとなるでしょうね。
昔はワクチンや狂犬病のお知らせのハガキを送れば来てくれていてやっていけてもですね。
やはり研究を続けて追及し続けている先生は素晴らしいですね。
猫ちゃんって..こればかりは無駄になるか分らないわ。
うちの猫はひとり去年突然胸に水が溜まり..若くして亡くなったし。
ただ..保険の適応が非常に難しいというところがあるらしい。
待機期間中に発生した病気・ケガ(待機期間のない商品もある)
先天性異常・既往症等
予防行為にあたるもの
検査・代替医療
契約者・被保険者等の故意等によるもの
妊娠・出産をはじめ傷害・疾病にあたらないもの等
自然災害によるもの
治療費以外の費用や治療付帯費用

外耳炎.耳血腫.皮膚病.膿傷も入らないことが多い

なので診断書の書き方ひとつで通るか通らないかになると
考えるよ。
結局自発的に二次感染を犬自体が発生させている事は
通らないということになるよね。

それでは..チワワを抱いていて飼い主が落として骨折させたものは通らず..チワワ自身が階段から落ちて骨折した場合は通るという事なのかな..
だったら...原因は分らないと治療してもらうほうが
保険がおりるとなるということになるかな..。

耳血腫も犬自身が自分で掻いて起こした血腫でも
何かで圧迫されていてなりましたと言い.耳壊死と診断書に
書いてもらったら通るということか?と考えると
ちょっとペット保険は手厳しいと思うわ。




2012/09/03(Mon) 00:06 | URL  | かこねー #-[ 編集]
bichonさん
書き忘れましたが..
全てのペット保険がそうとは限らないと思うけど
そのへん注意してね。
2012/09/03(Mon) 00:17 | URL  | かこねー #-[ 編集]
何年かアニコムの保険に入ってましたが、途中で止めてお金を毎月貯金しています。
ネットでそのようにしている方がいましたので、”ごもっとも”と思い参考にしました。


すずの通院している院長先生は、年とっているので心配です。手術は大丈夫だろうかって。
さりとて、変えるとしてもドコがいいのやら・・大して違いがないのなら変えない方がいいかなって。


岸上獣医科病院のホームページ見てきました。
イケメン先生が写ってましたので、お気に入りに追加しました。


2012/09/03(Mon) 05:26 | URL  | 和 #-[ 編集]
信頼できて 長くお世話になれるホームドクターとしての獣医さんって必要ですよね。
例え設備が整っていなくても 経験値が高ければ 必要のない検査をせずに 予測が立てられる。
早い段階で 専門性の高い先生を紹介してもらえれば 私達も選択肢が広がる。
連携してもらえれば 通院は通いなれた近場で 大きな検査だけ設備が整っている病院で♪
一番気をつけたいのは ストレスをかけずに治療を進めること!
かこねーさんみたいに 病院の情報を幅広く持っていてくれる人がいると 助かりますよね♪

太郎ちゃん かこねーさんに惚れたかー?
お預かりの時間が すっごいすっごい楽しかったんですね♪
今後も 通い詰めかー(*≧m≦*)
2012/09/03(Mon) 11:19 | URL  | nekobell #-[ 編集]
和さん
ペット保険は言ってもまだ浅いから..
難しいですね
けれど一度診てもらったら..福沢諭吉ちゃん2人ほどさよなら~~ってザラですもんね~
診てくれてありがとうと思いながら「カード使えますかぁ?」と
心が泣いてるしぃ。

大して違いが分らなければやっぱりカルテがあるところと考えるよね。ただ..
いまだに注射による麻酔しかなく..ガス麻酔もないと
これはちょっと外科手術は怖いよ
ガス麻酔は傷口の回復力も早いし体のリスクも少なくて済む

かなり昔だけど..
友達のシーズーが子宮蓄膿症で麻酔したまま亡くなったし
うちの叔父が飼っていたという警察犬が注射一本で亡くなったというし...

2012/09/03(Mon) 13:01 | URL  | かこねー #-[ 編集]
ちゃっぷママさん
そうですよね~
ホームドクターが適切な判断と迅速な行動で
的確な先生を紹介してもらい..
そちらに足を運べば厳しくても命が助かると思うわ。

なので24時間診察可能な救急獣医さんや.
掛かりつけの先生も夜中も緊急の場合診てくれるのかを
確認しておくことは大事ですよね。

老犬や心臓疾患など重度の病気をもっている子は特に
夜中に調子がおかしくなったら..
この子はどこに連れていればいいの?ってならないように
準備しておかなければいけないですね。
また獣医さんも休診日があると思います。
休診日に調子が悪くなったらどうすればとなるので
獣医さんは一件だけと決めなくてもいいのですよ。

2012/09/03(Mon) 13:10 | URL  | かこねー #-[ 編集]
ペット保険の適用、知らなかった、調べてみます。
知らない人多いんじゃないかな。
良く病院の前で、ワンちゃん飼い主さんが、
A「まぁ、××ちゃん、良くなったの」
B「そうなの、先生が×百万位かけるんだったら、助かるって言われて 
   きっちりかかったわぁ〜」
ぎょ〜として聞きます。私が通っている病院では、外でよく聞く話しです。どこもそうなのかしら?

私も数週間前から 医療をちょっとづつ調べていて
今日のお話しを読んで またいろいろ考えました。
選択肢は、どんどん広がって欲しいですね。

ちょっとしんみりな話しになりますが、末期になると
人だと病院で過ごしますよね
ねこさんとかだと 家で過ごす その良さってこのたびの事で
痛感しました。寄り添えますね。
散漫なコメント ゴメンナサイ
2012/09/03(Mon) 13:11 | URL  | N,yasu #/CsKs7ZA[ 編集]
鹿さん
最初にペット保険ができてから..
薄々適応しなかったというような不条理な話しをよく聞いていたので..。
AさんとBさんの話しは何百万掛けても助からない病気の子は
助からないですし..
助けようと思えば..助かる方法はあるでしょうが
犬猫に負担が掛かるし..そのへんですよね。
あちこちにチューブを通し.人工的なものを取り付けてでも
生かしましょうかということでしょうかね..

先生がそういう事がおかしいですよ。
うちの前にいたプードルも亡くなるまで治療した合計金額としたら100万は掛ったかもしれないですが..

末期になると犬も猫も同じで家で過ごすことで
精神的に安定しますよね。
精神的な事ってとても大事でストレスが傷や病気の完治を
遅らせるんです。
実際にうちのノンちゃんも..菌が肺に入って.獣医さんでお薬はもらい与えていましたが
もう全く食べずで..もうダメかもしれないというところまできました。最後に好きだった外に抱っこしながら歩きました。
そこから奇跡的に食べだしたんです。
これは私はビックリしたんです。
人も犬猫も「気」ってあるんですね。

なのでいろんなことを試すことは大事ですが
やはり入院で精神的に気が弱り飼い主を求め亡くなってしまうこともあるんです。

よかったらこれを見てね。
この担当の警察の男性は獣医さんのところで犬と共に
一緒に寝て過ごしたので犬が完治したと言われていて
とても感動しました。最初犬は危険な状態だったそうです。
それでこの男性が犬と一緒に過ごしたそうですよ。
泣きました。
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52081919.html

2012/09/03(Mon) 14:30 | URL  | かこねー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック