トリマー歴2Oウン年 かわゆいワンちゃんやニャンちゃんに囲まれた毎日 奮闘な日もあれば..マッタリの日もあるトリマーの日常を 書こうかなって
2015年08月27日 (木) | 編集 |
ホテルお預かりも落ち着いてアンジュの2回目のワクチンも終わり
ました。
DSC_0457.png
DSC_0456 (1)
だいぶ大きくなりましたが..
エイズ.白血病の検査は来月が間違えないデーターがでるだろうという事で来月また獣医さんに行く予定。
我が家には他に6頭の猫がいますが.雌の長老の18歳のラブ猫とブチャコの雌が雄のアンジュを離れていても向かって攻撃します。

最初は誰にでもジャレて遊びで噛みに行ってたアンジュもさすがに
ラブとブチャコは恐い様で..上手く避けて生活してるけど..私が
見ていないと私の居ない時を見計らっては攻撃されることが。

追掛けられたら私の傍に逃げてきますがそこは他の猫には見られないところ。犬も自分が危険にさらされたら助けを信頼する人に求めますが.猫は信頼する人が傍に居てもたいがい狭い所に逃げようとするんですよね。

そして他の猫達はシャンプーが恐くて仕方ないので.今のうちに
水に慣らせようと.お風呂の桶にお湯を入れてオモチャを浮かべて
遊んでたら..毎日水遊びをするようになり.今では私がシャワーを
浴びていてもバスのところで見ています。毎回ビショビショになっても
平気ですよ。
これ息子君の提案で..小さい頃犬も猫も様々な経験をすることが
いいですね。

そしてリビングでお預かりのワンちゃん達も平気になりました。
猫達は遊んでくれないけれど犬によっては寛容ということがアンジュには分っている様です。
リビングで遊んでいるワンちゃんには行かないですが.ゲージをオープンにして.3畳くらいを自由にして柵をして寝る時には柵内に入っていっちゃうアンジュ。
さすがに柴犬2頭の時はアンジュは3階の部屋でしたが..。
デカちゃんがいつもアンジュに遊ぼうって乗られて怒ってますが.まあ気にしてないようですね。
けれどほんまに実は雄より雌の方が気がキツイのかもしれないな~。



2015年08月07日 (金) | 編集 |
日中は暑いだけだったけど.夕方から雷と共に豪雨。台風?という様な感じで怖くて雨戸を閉めた。後にお客様が来られて外を見たら..
看板が外れかけ大きな観葉植物が3つ倒れてしまってた。

他の猫の初めてのワクチン接種の時は皆何ともなかったが.
アンジュの一回目の3種のワクチン接種をして帰った時は.少し
吐きそうな様子を見せた。
翌日は大丈夫だったが..簡単に考えてはいけないな~と。

ワクチン接種は獣医さんの始まる早い時間.例えば
10時から12時まで..夕方は17時から20時までとしたら
10時に接種を.または17時に接種を。獣医さんが翌日休診でない日を選択する。

なぜなら..一回目が大丈夫だからといってニ回目が大丈夫とは
いえない.アナフィラキシーショックやアレルギーが起こる子が犬猫にいるから。
意識を失ったり.嘔吐が止まらなかったり顔が腫れたりする子もいる。深刻な状況に陥る子もいるから。

もしもの時に..すぐにまた獣医さんに走れる時間帯に接種はしてもらう事ですね。

飼い主さん.私もそうですが.時間の空く時を見計らって行くので
どんなに遅くワクチン接種をして下さいと獣医さんに行っても.獣医さんは体調が悪くなった時急患で来られても時間外になるから明日一番に来たほうがいいよってはまず言わないと思うんです。
もし言われたら「え~?せっかく仕事終わって急いで来たのに」と
思ってしまう。
本当はそう言われた方が..アナフィラキシーショックの恐さを自覚する上にも親切な先生だろうと思うんです。

なので..飼い主さんが知っておくことは大事ですね。
さてそろそろアンジュの2回目のワクチン行かなければ。