トリマー歴2Oウン年 かわゆいワンちゃんやニャンちゃんに囲まれた毎日 奮闘な日もあれば..マッタリの日もあるトリマーの日常を 書こうかなって
2012年09月02日 (日) | 編集 |
今日はぐりちゃんが帰りました。今..シーズーのまめちゃんが
私の後ろでウロウロとしたりベットで寝てたり...。
先ほどちょっと遅い時間に食事に息子君と出て戻ったら..
どこからかお預かりした太郎君がお母さんと走って来てくれましたぁ。見えない角の奥の所から走ってきてくれたのですが..お預かりしていた時に..2階から車のエンジンの音を覚えていたようです感動しました。
お母さんは「こんなに嬉しそうに..」とキュンキュン言いながら
飛び込んで来て抱きしめて..もうメチャ可愛かったですが..
お母さん大丈夫かな??困ってないかな~(笑)


ちょっと前にテレビで特集でやっていたのですが.
幹細胞を活かして再生治療するという獣医さんをやっていました。二歩先を行く獣医さん
人もそうですね。事故などで顔を損傷した場合..今や幹細胞の培養で戻すことをしていますね。
こちらも犬自身の幹細胞を培養して戻すという生体の持つ自己治癒能力を妨害しない.生体に優しい侵襲の少ない手術法と治療法をしていて.ヘルニアのダックスを完治させたという事をやっていました。
こちらでは細胞培養装置があり.この装置で患者さん自身の骨髄から 採取した幹細胞.約5万倍に増殖することができます。それをまた患者さんの患部に 戻すことによって.組織を再建し病気を治すことができます。 当院が世界をリードする「再生医療」を支える機器です。
大阪阿倍野区丸山通1-6-1
岸上獣医科病院 06-6661-5407
http://www.k.zaq.jp/kis/index.html
整形外科にかなり実力のある獣医さんだと思います
高速を使えば行けない距離ではないのでちょっと頭の中に入れておこう。
ホームページの設備のところを見たら凄いです。オペするところが二つ並んであり..8人でオペしてるらしい写真が。

ホームページの↓↓↓↓プチッと押していただいてありがとございます!


にほんブログ村 犬ブログ 犬 トリマーへ
にほんブログ村






2012年08月19日 (日) | 編集 |
もう十年以上前になるが.プードルぺぺを飼っていた。16歳で.. 老衰で亡くなったけれど..ペペは私に様々な事を教えてくれたと同時に様々な病気もした。12歳から椎間板ヘルニア.心臓弁膜.気管虚脱.など..それが後々にお客様に同じ病気の子達のアドバイスができる事になったのだから..ペペは恩返しをしてくれているのだと思っている。

椎間板ヘルニアは突然生活をしている時に悲鳴をあげるし
立たなくなったり..座り込む事が多くなって気が付いた。

大阪時代だったので..たまたま同じ症状の子の飼い主さんに
獣医さんを紹介してもらい急いだ。そこはファーブル動物病院の山口獣医師。外科医ではとても有名だそうだ。

本来ヘルニアは切開手術がメインであるが..偶然にも先生の提案で.岡本綾子(元ゴルファー)がヘルニア治療でアメリカで治療しているというお薬を入れてみようとなった。

アメリカからだと時間も掛かるけれど..痛みに耐えているペペを助けたく..お薬が入るのを待った。一週間でペペは後ろ足2本
不随になってしまった。全く動かずダラリ状態だ...。
まだかと待っていたらようやく..薬が入り一日預けることになる。
造影してヘルニアの箇所を探し..そのお薬を流し込むだけの治療なのだが..次の日に迎えに行ったら..跳ね回っていた。
感無量であった。治療費は15万出会ったが,,100万でも同じ気持ちだろう。
その治療の薬は書かないが....今も鮮明に覚えている山口獣医師に感謝している。
そこからペペはワン生を全うするまで再発はしていない。
奈良でも中山獣医.院長さんが初椎間板ヘルニアの治療をしたということで有名だが..やはり切開で治療し..うちのお客様のワンちゃんも術後に衰えがひどくなったりとしている子もいたし.完全に治らず後遺症の出た子もいる。
それでも痛みからは解放されているから救われる。

私達は獣医学は三分の一も知らない。だからこそ獣医さんに
全て任せるしかないのだから..診断の仕方.病名.今後の治療法は間違えない獣医さんに診てもらいたい。
飼い主である私達は..それを見極める目も少しずつ弁えていくことが大切な事だと痛感する日々です。
ひとつ..獣医さんには得意分野があるんです。人みたいに整形外科.内科.耳鼻科など分れてはなくトータルなので..
この先生は何に対してすこぶるところがあるかを知ることも必要で..人の噂や実際に行かれた人の話しを聞くこともいいと思います。ただ..手術はこなされている先生でなければならないということは前提ですが。

↓↓↓↓プチッと押していただいてありがとございます!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 トリマーへ
にほんブログ村


2012年07月15日 (日) | 編集 |
こんばんわ...コメント皆さんありがとう。
答えは
1.×  実は..引っ掻き傷にしろ.噛まれたにしろまず水で傷口をよおく洗い流します。それから皆さん消毒剤を使って消毒しちゃいますが..実は消毒剤って細菌を殺してくれるのですが..自分の大事な細胞すらも殺してしまっちゃうわけなんです。なので治りが遅い訳です。しかもシミて痛い。自分の細胞まで殺しちゃうわけですからね。
けど膿んでしまうじゃないと思われますが..細菌がいる状態で放置する事はよく洗い流していないからで..異物が残っているとまた膿みます。私の場合は噛まれても傷になっても.次から次へとシャンプーをしなければならないですから..完全に傷口がその間洗い流されているわけですので..病院に行ったことないです。すぐ治ります。そのうえで白色ワセリンを軽く塗ってキキギパワーパッドかカミバン付けて終わりです。

2× これは正解。シュウ酸カルシウムと未確認蛋白成分です。症状は 内炎や皮膚炎です。皮膚炎などを起こしたなら冷水で洗い流して下さい。

3.×モコリーナさん言うように時間をズラします。最初に入れた目薬りを浸透させてから次のを入れなければ.前に入れたのが流れ出てしまいますから効果がね。

4.×そうです..これは猫にとれば大変な状態です。そのまま続くようでしたらただちに獣医さんに行きます。

5.×ですが..最初にフロントラインが出ました。その時はシャンプーする4日後に付けてくださいというものでした。何故シャンプーした4日後なのかというと..フロントラインは犬猫の皮膚の脂を利用して流れて全身に行き渡るからです。洗ってしまうとスポットを付けても..脂がシャンプーで取られているので行き渡らないのです。それを改善
していつでもシャンプーした日にも付けられるようになったものがフロントラインプラスです。なのでネットなどでフロントラインというものでしたら..シャンプーは4日以降に使わなければならないものなので間違えないように。
ところで..フロントラインが出る前はチグボンスポットというものが獣医さんから出されていました。しかし..チグボンスポットは薬が血液中に入ってしまうということで.副作用が出たのでしょう。獣医はフロントラインに切り替わりました。ノミをも殺す薬ですからかなりキツイですよね。ですのでネットで様々なフロントラインに代わるものも安くで出ていますが..データーが取れていないノミやダニ駆除の物はとても怖いと考えたほうがいいですね。
↓↓↓↓プチッと押していただいてありがとございます!


にほんブログ村 犬ブログ 犬 トリマーへ
にほんブログ村


2012年07月14日 (土) | 編集 |
皆さん知っていますか?
今から5問質問します ○か×か教えてね

1. 犬猫に引っ掻かれましたぁ。すぐに水で流し.消毒剤で洗い患部を乾燥させて処置しました。

2.猫ちゃんが草を食べたがっていたのでポトスを少し与えました

3.犬猫の目が悪くなったので獣医さんから目薬を2つ貰いました。
 夕方点して下さいと言われたので..きちんと目薬り2つを続けて点しました。

4.猫が口を開けて呼吸をしているのは犬と同じだからそのままにしておいた。

5.フロントラインとフロントラインプラスは同じものであるが量がプラスされている。

答えは明日にしますね

↓↓↓↓プチッと押していただいてありがとございます!


にほんブログ村 犬ブログ 犬 トリマーへ
にほんブログ村


2012年07月08日 (日) | 編集 |
ワンちゃんやネコちゃんのお客様から「うちの子風邪引いてるのかな..鼻水が」「うちの猫風邪気味でクシャミをするの」と相談されますが..犬猫に風邪という病名は無いんです。何かの疾患や病気で人の風邪の様な症状をする事は多々あります。クシャンと咳をする犬はたとえば..今はほとんどないフェラリア.ジステンバー.ケンネルコフなど..猫では多いウイルス性鼻気管炎ですね。獣医さんにおいて..風邪だななどと言って.抗生物質やビタミン剤などの処置だけで終わる所は要注意だと考えます。
それで完治すれば単なる体調崩れで済む話しですが..もっと怖い病気の前兆かもしれないと...ちょっと上を考えた内診を望みます。抗生物質.ビタミン剤で3日様子を見てクシャミや鼻水が止まらなければ必ず3日後には再診しに来て下さい..と言える先生か..血液検査等をして数値は調べておきましょうと先を考える先生かです。
ところで....血液検査で失敗することは...私の場合ですが猫は元気な時には獣医さんに連れて行かない事なんです。病気した時に連れて行くので. 肝心な血液検査の正常時の数値が分からないのです。正常値と病気をした時の肝臓や腎臓.白血球や
他の数値の差が把握出来ない時がありますね。血液検査で異常数値は把握できますが....。この病気になったから腎臓数値が上がったのか..病気をする前から腎臓数値が高かったのかで大きく違ってきます。この病気が腎臓数値を高めたのでしたら
危険を冒してでも手術したら..腎臓数値は元の正常値に戻りますが..病気の前から
腎臓数値が高ければ.手術をすれば腎臓数値はより高くなる危険=命を落とす危険性が考えられますので。
フェラリアや耳の治療等などで行かれる時に..元気な時の血液検査をしておいてもらうことで..後々の様々な数値のデーターが把握できるので安心ですね。

プチッとお願いしま~~す

にほんブログ村 犬ブログ 犬 トリマーへ
にほんブログ村